鈴木製本の風景

ななめリングノート、見本帳、特殊製本の制作現場から

「売り物件 バルコニー付き のご紹介です」

f:id:suzukiseihon:20171110191813j:plain

なだらかな階段を中央に配し

f:id:suzukiseihon:20171110192005j:plain

各階には バルコニーもついております。

f:id:suzukiseihon:20171110192037j:plain

f:id:suzukiseihon:20171110192059j:plain

 

f:id:suzukiseihon:20171110192351j:plain

外観はこのようになっております。

f:id:suzukiseihon:20171110192443j:plain

コンクリの中には鉄骨が組まれておりますので安心です。

どれもこれも職人技です。これだけは間違いありません。

本日の鈴木製本

それぞれがちがう仕事をしている日でした。

f:id:suzukiseihon:20170706151439j:plain

ハンガー(リング製本用)

f:id:suzukiseihon:20170623143316j:plain

早くも制作がはじまったカレンダーの上部にささっている棒は

ハンガーと呼びます。

驚くべきことに、これもすべて手でひとつひとつ差し込んでいきます。

写真は、交互に積んだカレンダーにハンガーを入れ終えたところ。

紙が押されていると入らないので、机から手前に少しはみ出して置きます。

 世の中のリングカレンダーのハンガーは、すべてどなたかが入れてくれたもの

ということになります。

ちなみに、ハンガーばかりが入った箱は、小さくとも非常な重さです。

 

f:id:suzukiseihon:20170623143331j:plain

そのハンガーをメモに利用しているのが

カレンダーメモ(紙博にて販売いたしました!)です。

 

リング製本のいいところは、ぐるりとめくれるところ。

それを生かして、鈴木製本では運送屋さんへの連絡ボードとしても活用しています。

f:id:suzukiseihon:20170623145742j:plain

 

すてきなお財布のリング製本

f:id:suzukiseihon:20170428143922j:plain

これは何かというと

f:id:suzukiseihon:20170428143932j:plain

 

f:id:suzukiseihon:20170428143941j:plain

 

f:id:suzukiseihon:20170428143957j:plain

 

f:id:suzukiseihon:20170428144006j:plain

お財布です。

本革素材の扱い方やリングのつぶれ方などに注意しながら制作しました。

ファッションブランド   LIMI feu にてご覧いただけます。

インスタグラムアドレス:  https://www.instagram.com/limifeu_official/ 

 

池袋の西武では、店頭のテーブルで拝見できました!

場内で見るのとはまったく違います。

厚みに対応できるリング製本に、このような可能性があることを改めて勉強しました。

お仕事の機会をいただきとても光栄です。